ソイの造り

DSC_0143a.jpg

大阪湾・泉州の港にあがったばかりの新鮮なソイ(ガシラとも言う)を氷で冷やしてしっかりと〆る。
それをてっさのように薄くスライス。
コリコリとした歯切れの良さと弾力で、酒もすすむこと間違いありません。

オイルサーディン

DSC_0415a.jpg

「ててかむイワシ〜!」というのは新鮮なイワシを指す大阪の魚屋さんの伝統的なキャッチコピー。
秋のイワシは脂が乗っていて最も美味しい季節で、大阪の南部はだんじり祭に代表される祭の季節。
また節分には頭ごと焼いて食べる習慣が残っていますが、日本酒には実はオイルサーディンもよく合います。

たまねぎと奈良漬けのお焼き

DSC_0030.jpg

大阪の農産物というと泉州たまねぎ。
そのたまねぎとキュウリなどの奈良漬けをみじん切りに。
そして山芋をすりおろしたものと小麦粉でつなぎにしてフライパンで焼くとできあがり。
ふあふあ感がこれまたスナック感覚で酒のお供に。

ガッチョの炊いたん

DSC_0372.jpg

ガッチョ。
ハゼによく似た外見で全国に分布していてメゴチやテンコチと呼ばれていますが、大阪南部では親しみを込めて「ガッチョ」と呼んでいます。
塩でぬめりを取ってから頭を落とし内蔵などを取って、天ぷらや唐揚げ、そして炊いたりすると酒にぴったり。
小さな魚だけど新鮮なら刺身も美味い。
写真に写っているエビは泉州では「エビじゃこ」と言ってこれまた親しまれている一品です。